引越しBOOK - まとめアンテナ

【動画】自転車で友だちに会いに行く! 成長していく子供の姿に注目 – ガジェット通信

【動画】自転車で友だちに会いに行く! 成長していく子供の姿に注目
ガジェット通信
少年が引っ越す前と同じように公園で輪になってまわる4人。自転車が、少年たちの心をつないでくれる役割を果たしました。これでまた、一緒に遊ぶことができますね! 自転車と共に成長していく子供たちの姿に、自分たちが子供の頃、自転車に乗れた日の喜びやワクワクを …

ふっと動くとき – 雛形


雛形
ふっと動くとき
雛形
何かに突き動かされるように、風の知らせにこたえるように。その瞬間をつかまえて、しなやかに住処を変えた女性たちがいる。あたらしい暮らしをつくりだす彼女たちの、どこまでも自然体で、力強い姿。3人が暮らす鳥取県を訪ねました。

子育てしやすい街とはどんなところ? 若い世代が選ぶ条件とは!? – マイナビ賃貸


マイナビ賃貸
子育てしやすい街とはどんなところ? 若い世代が選ぶ条件とは!?
マイナビ賃貸
子育て支援は自治体により異なるようですので、引っ越す前に確認しておきたいですよね。子供をあずけられないため働けなくても、何らかの補助があれば子育て優先の生活ができるかもしれません。学費や医療費など具体的な補助も挙げられています。やはり、子供を産み・ …

and more »

引っ越しに伴う、自転車の防犯登録の手続きについて教えてください。 先日、「… – とれまが知恵袋 – とれまがニュース

引っ越しに伴う、自転車の防犯登録の手続きについて教えてください。 先日、「… – とれまが知恵袋
とれまがニュース
先日、「東京都内から千葉県」に引っ越しをしました。 その際、都内に住んでいる時に使っていた自転車(防犯登録済み)を、千葉県の新居に運び、使っています。盗難に備えて、千葉県で防犯登録をし直そうと思うのですが・・・、少し疑問があり投稿させていただきます。ご回答願え …

ファッション・デザイナー“エリン・フェザーストン” ~おとぎばなしに迷い込んで~ – ELLE ONLINE(エル・オンライン)

ファッション・デザイナー“エリン・フェザーストン” ~おとぎばなしに迷い込んで~
ELLE ONLINE(エル・オンライン)
NYにくらすファッション・デザイナー ライフへようこそ!このブログを通して、自身の経験や影響を受けたことなど、デザイナーとしてのライフスタイルはもちろん、プライベートな一面もご紹介します。アーティストとして、常に自分の創造力やイマジネーションをひらめかせてくれる「 …

【衝撃】フィリピンの「伝統的お引越し風景」がスゴすぎる – ニフティニュース


ニフティニュース
【衝撃】フィリピンの「伝統的お引越し風景」がスゴすぎる
ニフティニュース
大勢で一軒の家をまるごとお神輿のように担いで運ぶ。フィリピンに古くから伝わる「バヤニハン」によるお引越しの光景が面白い。 □フィリピンに伝わる“バヤニハン”. バヤニハンとは、フィリピンの社会で古くから伝わる相互扶助の習慣のこと。 わかりやすく言うと「大変なことは …

テレビから消えた大沢ケイミ、高級マンションから引っ越しでセレブキャラ崩壊? – アサジョ (ブログ)

テレビから消えた大沢ケイミ、高級マンションから引っ越しでセレブキャラ崩壊?
アサジョ (ブログ)
ケイミさんは以前からブログで、現在1LDKだから部屋数を増やしたいとつぶやいていたので、これまでよりも広く、家賃の高いマンションへ引っ越したのではないでしょうか。最近テレビでは見ないと言われていますが、現在自身のブランドを立ち上げる準備で忙しいようです。

「財布の場所を聞く、電話を盗み聞きする…我が家を監視しようとする近所のおばあさん」(埼玉県・40代女性) – Jタウンネット

「財布の場所を聞く、電話を盗み聞きする…我が家を監視しようとする近所のおばあさん」(埼玉県・40代女性)
Jタウンネット
うちの玄関を出てすぐ前に、別の平屋のアパートがあり、一人暮らしのおばあさんがそこに住んでいました。 私たち一家が引っ越してきた日の夜、このおばあさんが突然やってきて、私が住んでいるアパートの住人の人たちの話を始めました。年齢とか、帰ってくる時間とか、どういう …

友人の実体験による空き巣被害に合いにくい物件の条件

空き巣に合う家には、狙われやすい家と狙われにくい家があります。今回私の友人から、空き巣に合った時の反省点について聞くことが出来ました。引越しではどのような物件を選ぶと空き巣被害にあいにくいのかを、実際空き巣にあった友人の実体験を交えて紹介いたします。

引越し女子部 – 引っ越し知識豊富な女性陣によるブログ

60すぎたら「安く楽しく暮らせる町」へ引っ越しませんか? – 現代ビジネス


現代ビジネス
60すぎたら「安く楽しく暮らせる町」へ引っ越しませんか?
現代ビジネス
老後は、どこか暖かい南の島で気楽に暮らしたい」。そんな願望はあっても、実際、遠方に移住をするのは、なかなか難しい。だが老後の生活は、近場に引っ越すだけでも楽しくなるかもしれない。 固定資産税が15万円減った! かつてなら、私たちはこう考えただろう。 60歳は人生の …