引っ越しというドラマ 堀部篤史(書店 誠光社店主) – 毎日新聞


引っ越しというドラマ 堀部篤史(書店 誠光社店主)
毎日新聞
商売柄、モノを溜(た)め込む癖が抜けない。世間では「断捨離」や「ミニマリスト」という言葉が一般化し、シンプルなライフスタイルを称揚するような本を扱いさえしながらも、自宅は相も変わらずモノに埋もれているような有様(ありさま)だ。本やレコード、DVD。モノの大半はいわゆるソフトで、それらを再生したり収納したりするハードに ...

and more »

記事元を見る

You may also like...