仮設住宅791人退去めど立たず 被災3県、引っ越しためらう – 山陽新聞


山陽新聞

仮設住宅791人退去めど立たず 被災3県、引っ越しためらう
山陽新聞
東日本大震災の被害が大きい岩手、宮城、福島3県沿岸のプレハブ仮設住宅で暮らす被災者約1万5千人のうち、少なくとも約5%に当たる791人は転居先が未定で、退去のめどが立っていないことが3日、共同通信のまとめで分かった。仮設暮らしが長引く中、精神的負担の大きい引っ越しをためらう高齢者らが含まれ ...

and more »

記事元を見る

You may also like...