米有力紙シカゴ・トリビューン、92年間の社屋を引っ越しへ – 東亜日報


米有力紙シカゴ・トリビューン、92年間の社屋を引っ越し
東亜日報
170年の歴史を誇る米有力紙のシカゴ・トリビューンが、「世界で最も美しい建物」と自負し、92年間本社を構えてきた「トリビューン・タワー」を離れる見通しだ。 シカゴ・トリビューンは14日(現地時間)、親会社のトロンクが、ミレニアム・パーク付近のプルデンショルプラザの関係者と ...

and more »

記事元を見る

You may also like...